純正ケース使用の互換タイプ(エレメントタイプ)の特性

エンジンをベストな状態を保つ為に必要な要素といえば混合気、圧縮、点火が いい状態であることだといわれています。中でも質の良い空気をエンジンに送り込む為にはエアクリーナーの役割は欠かせません。余計な塵やごみをキャッチする集塵力も必要です。エアクリーナーには大きくわけると乾式と湿式の二種類あります。簡単にいうとフィルターの素材にオイルが染み込ませてあるかの違いです。多く使用されているのは乾式の不織布タイプです。エアクリーナーで最も人気が高いものは純正ケースの互換タイプです。メーカーの純正品は乾式タイプのみですがエレメントタイプには湿式もあります。どちらも純正タイプよりも吸入抵抗の削減を果たしています。純正品より少し高価ですが湿式タイプは汚れたら掃除して何度でも使用できます。専用の洗浄液で洗い乾燥させ、専用の油を塗布すれば埃や塵をブロックする性能が高くなることが特徴です。純正ケースのを使用する為車検も問題なく通ります。走行距離が1~2万kmが洗浄の目安で3万kmを越えたら交換時期といわれています。他にはむき出しタイプと呼ばれ純正のエアクリーナーのボックスをはずして取り付けるキノコ型といわれるタイプがあります。純正よりも多くの吸気効率を実現できますが遮音性がなくなるため吸気音が大きくなります。

コメント

コメントを受け付けておりません。