乗車時の快適性|居住空間と充実の装備

セダンは近年実用性の低さなどから、人気が低迷していますが他のボディ形状にはない多くのメリットが有ります。
その中でもセダンは居住空間の快適性が高いという、大きな特徴があります。
居住空間とボンネット、トランクがそれぞれ切り分けられているので外部からの音が入ってきやすい部分が別々になっていることから、遮音性が他の形状と比べて高く静かで快適な空間になっています。
また、トランクと居住空間が切り離されていることから、臭いを発するような物を積んでもその臭いが気になりにくく快適性が保たれるのも長所のひとつです。
更にこれらの部分が独立していることにより、追突や衝突事故などが発生した時にも居住空間にまで衝撃が伝わりにくいことから、安心して乗ることが出来るという利点もあります。

また、装備も充実していてアームレストなどゆったり乗ることが出来る装備が豊富にあるのもセダンの特徴となっています。
走行性能が高く安定した走りをすることができ、ふらついたりしづらいため乗り心地といった面でも優れています。

このようにセダンというのは乗り心地を重視した設計となっているので、高級車などにも用いられやすいボディ形状となっています。

コメント

コメントを受け付けておりません。