実は関係性がある?安全な運転のために知っておきたい疑問とは

交通事故を起こすこと無く自動車を安全に運転するには、的確な認知、素早い判断、正確な操作が必要とされるほか、精神状態も深く関わっています。なぜこれらのことが安全運転と関係しているのか、疑問に感じる人は少なくないかもしれません。
動いている物を見る能力や、動作中に物を判別する能力のことを動体視力と言います。運転中は自分の車や対向車がスピードを出して走行しているため、静止状態の時に比べ視力が低下します。的確な認知を実現するためには、スピードが速いほどに高い動体視力が要求され、危険を察知するまでに時間を要してしまうと、判断するための時間も短くなり、結果的に事故に繋がってしまいます。
判断と操作は、認知してから次の行動を素早く決定し、実行することが要求されます。急に前方から歩行者が飛び出してきた場合、周囲の状況を瞬時に察知し、急ブレーキをかけても大丈夫か、対向車はいないか、左右にハンドルを切っても危険は生じないか等、過去の経験と照らし合わせ、ありとあらゆる可能性を予測し、正確な操作を実行する必要があります。
全てにおいて高い能力を有していても、睡眠不足や体調不良など、別な要因が影響を及ぼし十分に発揮できないことがあります。また、心理状態によって普段通りの判断ができないこともあり、精神状態が運転に悪い影響を与えることもるため、注意が必要です。ピアノ01

コメント

コメントを受け付けておりません。