事故を起こした場合の補償とは?

交通事故は必ずしも通行人や相手の運転者がいるとは限りません。事故原因で多いのが、例えばスピードの出し過ぎでカーブを曲がり切れずカードレールに追突とか、わき見運転で電柱に衝突といったドライバーが一人で起こしてしまった過失による単独事故です。また、相手がいる場合でもドライバーの過失100%なら相手の自賠責保険や対人賠償保険で補償を受けられないので、自分の自損事故保険を使って補償をすることになります。

自損事故保険は対人賠償保険に加入すれば必ず自動付帯される保険ですし、事故の時には搭乗者傷害保険と別に支払われます。しかし、加入自体を知らない契約者が多く、万が一交通事故を起こしてしまった時はほとんどの人が何をしていいかわからず、頭が真っ白になって混乱してしまいますから、こちらに過失があるのだから保険は使えないと判断しがちになってしまいます。そんな時はともかく保険会社に連絡するということだけは覚えておきましょう。ほとんどの保険会社は24時間365日事故対応をしていて、初期対応は休日・夜間を問わず当日または翌日までに行うことになっていて、一事故一担当者制になっていますから専任の担当者が補償や示談など事故が解決するまでサポートしてくれます。

コメント

コメントを受け付けておりません。