自動車マニアなら知っているアンダーステア・オーバーステアとは

アンダーステアというのはカーブに差し掛かった時に、運転手の意図と違って車が外側に行こうとする状態のことを指します。
これは遠心力に負けてしまうことによって、外側に膨らんでいくことになるのですがアンダーステアが顕著にあらわれるのはスピードを出しすぎてカーブに差し掛かった時などに起こるので、このような状態になった場合にはスピードを落としてハンドルを切り足すことによって修正をすることができます。
そのため、運転をしている人としても対処が容易であるため、一般的に市販されている車というのは弱いアンダーステアの傾向になっているものが多くなります。

一方のオーバーステアというのは、アンダーステアの逆であり後輪が滑ることによって内側に切れこむようになってしまう状態のことを指します。
このような状態になった場合、軌道修正が非常に難しく単純にカーブの外側に切ればいいというわけではなく、慌てて反対に戻しすぎるとカーブの外側に飛び出していいってしまいますし、対処が遅れればスピンをしてしまったりカーブの内側に突っ込んでしまうことになります。
このようにオーバーステアになると車の制御が難しくなってしまうので、速度を出し過ぎないことが重要です。

コメント

コメントを受け付けておりません。