自分がケガをしたら被害者請求をする必要があるの?

交通事故の加害者の加入している保険会社に対し、被害者が保険金を請求することを被害者請求といい、加害者が請求することを加害者請求といいます。交通事故でケガをした場合、被害者自身が被害者請求をしなくてはならないのでしょうか。
本来、被害者と保険会社の間に法律関係はないはずです。保険会社との間で保険契約を結んでいるのは加害者ですし、交通事故を起こしたことによって、被害者に対して損害賠償の支払い義務を負うのは加害者です。なので、被害者は加害者に対して損害賠償を請求し、加害者から被害者に賠償金が支払われたら、それを補てんするために加害者と保険会社の保険契約に従い、保険会社から加害者に保険金が支払われる、というのが本筋といえます。
しかし、このような取扱いでは、加害者にさしあたっての支払い能力がない場合、賠償金が被害者に支払われず、被害者を救済することができません。せっかく保険契約が結ばれているのに、加害者の支払いをまって補てんするというまわり道をするのは、不合理ともいえます。そこで、自動車損害賠償責任法(自賠法)では、保険会社への被害者請求が一定の場合にできることにして、法律上解決をしています(自賠法16条)。つまり、被害者は被害者請求しなくてはならないわけではないのですが、保険会社に被害者請求することができるのです。被害者が請求できる条件は、政令(自動車損害賠償法施行規則)に定められています。また、すぐに治療費等の支払いにあてられるよう、被害者には仮渡金の制度も設けられています(自賠法17条)。

コメント

コメントを受け付けておりません。