自賠責保険の補償範囲って?

全てのドライバーが加入しなければならないのが自賠責保険です。加入が義務付けられていますので加入していない場合は罰則を受けることになります。
自賠責保険の補償範囲はどのような内容になっているのかと言えば、対象となるのは人身事故の場合のみです。そして補償ができる金額には上限があります。
傷害の場合ですと最高120万円、被害者死亡の場合ですと最高3000万円、後遺障害が残った場合は最高4000万円と決められています。もし、未加入の場合に事故を起こした時にはこれらの補償を受けることはできませんので、支払いに苦労することにもなり兼ねません。そしてもっと困るのが被害者です。事故に見舞われたにも関わらず補償をしてもらえない恐れがあります。その為、被害者を救済する為にも自賠責保険は強制加入になっています。
自動車保険には任意保険もあるのですが、任意保険にも人身事故に使える保険があります。自賠責保険と被っているように思うかもしれませんが、しかしながら任意保険の場合は補償金額を無制限にすることができるのが大きな特徴です。自賠責の場合は上限が決まっていますので、時には賠償金が足りないこともありますが、その足りない分を補う為にも任意保険が必要になるのです。

コメント

コメントを受け付けておりません。