自賠責保険について知ろう

自動車保険にはふたつの種類があり、その内のひとつが自賠責保険です。別名、強制保険と呼ばれることもあり、その文字通り、この自動車保険に加入することは法律によって義務付けられています。もし加入していなかった場合は、1年以下の懲役、または50万円以下の罰金が科せられ、更に免許停止処分、違反点数6点の処置が実行されます。そして保険に加入していることを証明する証明書を不携帯の場合は、30万円以下の罰金を支払う必要があります。ですから保険証明書は、必ず車の中に積んでおく必要があります。これに対して加入が個人の意思に任せられているもうひとつの自動車保険は、任意保険と呼ばれています。自賠責保険は、事後が起こった場合の被害者の救済を、最低限の賠償金を支払うことで実行することを目的としています。ですから、交通事故と言っても対物や自損事故で発生した損害に対しては、この保険を適用させることはできません。自動車事故によって身体または生命に対して発生した損害に対してのみ、賠償金が支払われます。ただしその賠償金も無制限ではなく、たとえば傷害による損害には120万円、死亡による損害には3000万円と言った具合に限度額が設定されています。ですから、自動車事故の程度によっては、自賠責保険の賠償額では不足すると言うのもじゅうぶんにあり得ることです。これに対して任意保険は補償範囲が広く、また特に対人損害に対する補償に関しては金額無制限であることが多いため、ドライバーは両方の保険に加入しておく必要があります。譜面02 gf0110438702l

コメント

コメントを受け付けておりません。