車両保険も使える

友人からすこしの期間だけ借りていた車や、お金で借りたレンタカーを運転している途中で不幸にして事故にあってしまったような場合でも、一般的にはその借りた車の名義で契約している自動車保険を適用させることが可能となっています。

 

ハープ
もちろん、普段乗っている自己名義の車に掛けている自動車保険のほうに「他車運転危険担保特約」という特約があらかじめ付けられていた場合には、借りた車のほうの自動車保険ではなく、自己名義の車の自動車保険を適用させることも可能です。

 
ただし、この場合にはケガや死亡といった人身にかかわる被害についての補償は付いているものの、事故の衝撃で借りた車のボディが壊れてしまったといったような、物の被害に対する補償は付いていないことがほとんどですので、この物に対する補償の部分はすべて自己負担となってしまいます。

 
もし借りた車の自動車保険のほうで車両保険まで契約していれば、車の修理費などもその自動車保険のほうから保険金として支払ってもらうことができるというメリットがあります。

 
ただし、いずれにしても保険を使った場合には、翌年からペナルティとして保険料が値上がりしてしまうということには留意する必要があります。

コメント

コメントを受け付けておりません。