トランクスルー機構を持たない車種|細長い荷物を積めない

セダンの欠点として積載能力の低さが挙げられますが、特にトランクスルー機構がなければその傾向がよりいっそう高まってしまいます。
トランクスルー機構というのはその名前の通り、トランクを通り抜けることができるようになる機構のことで後部座席を倒すことによって、トランクと車内をつなげることができます。

そのため、この機構が付いているものであればセダンといえども長尺のものを積むことができるので、ある程度の積載能力を高めることができ、スキー板であったりロードバイクといったものでも積むことが出来るものもあります。
しかし、この機構がついていなければどれだけトランク容量の大きなものであってもまず長さの面で積むことが出来るものが限られてしまうので、それだけ積載能力が低下してしまうことになるのです。
セダンを選ぶ人の場合には、それほど積載能力を求めない人が多いものであるため、積載能力の低さはあまり問題とならない部分ではありますが、いざというときに荷物を多く積むことが出来るのとそうでないのとでは、使い勝手の面で大きく差が出てしまいますから細長い荷物を積むことが難しいというのは、セダンにとっての大きな弱みの一つとなっています。

コメント

コメントを受け付けておりません。