追突された時の被害リスク|トランクで緩衝される

高速道路の渋滞や、信号待ちで起こりやすい事故といえば追突です。
そのときに、最も被害リスクを抑えることができるのが、一般的に普及しているセダンタイプの車です。
なぜセダンタイプが良いのかというと、後部に出ているトランクの存在が重要です。
トランクを含めたボディーは、事故にあった時、頑丈で耐えられるつくりにするのではなく、あえて壊れやすくしています。
壊れやすい構造を「衝撃吸収構造」と呼びますが、ボティーが変形することで、事故の衝撃が吸収されるのです。
つまり、追突の場合ではトランクが潰れて、中に収納していた荷物に被害がでたとしても、運転手や同乗者にダメージが及ぶのを抑えてくれます。
もちろん、後部が潰れた状態では、もう乗ることが出来ませんが、人命を最優先するためには、もっとも良い方法なのです。
では、最近乗る人が多くなった軽は危険なのか、という話ですが、一応セダンも軽も区別なく衝突実験をして基準をクリアしたものが販売されています。
ですから、追突されればすぐ危険だというわけではありませんが、ある程度のリスクを考えておくべきです。
税負担や燃費を考えて、軽を選択するのであれば、万が一追突事故が起きた時に、自分の身に危険がないのか、という視点も必要になってきます。

コメント

コメントを受け付けておりません。