障害による損害への補償内容は?

自賠責保険は加入が義務付けられている保険です。この保険は、自動車事故に遭われた人に対する最低限の補償を目的としています。ですから、この保険を利用して賠償金を支払うことができるのは、対人事故、対人被害のみであり、対物や自損事故には適用できません。自賠責保険の、事故を原因として発生した障害による損害への補償内容としては、ケガの時点では治療費や文書費用、そしてそのケガを原因とした収入の減少に対するものが含まれます。そしてそのケガが後遺障害に認定されると、補償内容も大きく変わってきます。後遺障害とは、自動車事故によって受傷したケガが治った時に、身体に残された精神的または肉体的な毀損状態のことです。ケガとその状態との間に因果関係があると認められ、なおかつ医学的にそれが存在することが証明できるものに限られます。これに対する補償として、まずは神経系統の機能や精神、胸腹部臓器の著しい障害で介護を要する場合、常時介護は4000万円を限度として、そして随時介護には3000万円を限度として賠償金が支払われます。そしてこれ以外に関しては、後遺障害等級表のレベルに基づいて賠償金が支払われ、最も高いレベル第1級の場合には3000万円が限度に、最も低いレベル第14級の場合には75万円が限度になっています。この賠償金の内訳としては、慰謝料や逸失利益、労働能力の低下によって将来、発生するであろう収入の減少への補填があります。

コメント

コメントを受け付けておりません。