既に被害者に何らかの賠償金を払った場合の補償について

自動車の所有者か強制的に加入させられる自賠責保険では、各損害保険会社が独自の基準で提供している任意保険とは異なり、保険金の請求方法として、被害者請求と加害者請求というふたつの制度が認められています。被害者請求のほうは、文字どおり自動車事故に遭ってしまった被害者のほうが、相手である加害者が加入している自賠責保険に対して、直接的に保険金を請求するというものです。いっぽう、加害者請求のほうは、自動車事故の加害者が、みずから加入している自賠責保険に保険金を請求するものといえます。たとえば、当事者の間での示談交渉が早めに成立して、加害者のほうから被害者のほうに対して、既に何らかの賠償金の支払いが完了しているという場合ですが、この場合はもはや被害者が自賠責保険に請求することはありませんので、加害者が自賠責保険に保険金の請求を行うことになります。その際には、賠償金をたしかに受け取ったという旨の領収証をかならず発行してもらい、これを証拠書類として添付して請求をすることになります。自賠責保険のほうでは、請求書をもらったのち、事実関係を確認して、国が示している基準にのっとって、所定の金額の保険金を交付します。

コメント

コメントを受け付けておりません。