特別な手続きが必要ない

 

レンタカーなど借りた車の場合、保険はレンタカー業者がかけていることが多く、レンタカー代の他に保険代を取られることが多いようです。

 

保険は事故が起きた時に利用できますが、手続きはほぼなく、サイン程度で終了となります。レンタカーは簡単に利用できることがメリットの一つですが、事故等でも殆どの場合面倒もなく淡々と処理が進むようです。しかし、気をつけておきたいのは満額保証されないことです。一般的にレンタカーの保険は保険の対象額が限定されており、軽めの修理の際は一時的に支払いを要求されることが多く、また、事故以外には効かず、盗難や車上荒らしなどの被害は一部弁償することが求められるようです。レンタカーを利用する際には保険がどの程度まで効くのか確認しておくとよいです。

 

また、自家用車を借りた場合にぶつけてしまった場合は、自分のかけている自動車用任意保険で適用されることがあります。これは、普段乗っていない車を運転する際に事故を起こした際に保証してくれるオプションに入っていることが必要ですが、一般的には任意保険を利用している場合はオプションが自動で付く場合が多いようです。また、保険をかけている車で他人が運転した際の事故についても適用される保険特約もあるので必要に応じてかけておくことが重要です

コメント

コメントを受け付けておりません。