知っておこう!クルマの死角について

運転で怖い車の死角は、ミラーなどでもある程度解消することができますが、それだけでは解消することができない場合も多くあります。
まず、車の柱、ピラーが作る死角は、幅は狭いのですが、左右の左折時などに歩行者を見落としたりする原因となります。後方の斜め後ろもバイクなどが隠れてしまいます。進路変更の幅寄せの場合にもルームミラー、サイドミラー、目視の3点を組み合わせることで、見落としを防ぐことができます。
また、得に車高が高い場合には、前方も子供やお年寄りなどの存在に気づかないまま発信してしまうという事故の原因となってしまいます。発進する前に覗き込んだり、頭を動かしたりして解消することができます。左右の側方も背丈が小さい子供などが死角に入ってしまう場合があるため、サイドミラーなどで安全確認をすることが大切です。
後方は、子供がしゃがんでいても確認することができないため、車庫入れなどをする際には、降りてみることも必要です。バックカメラが装備されている車の場合でも、斜め後方から近づいてくる子供などは、視界に映らない場合もあるため、過信しすぎは禁物です。
死角はちょっとしたことで確認することができるので、安全のためにも確認することが大切です。

コメント

コメントを受け付けておりません。