死亡するまでの障害による損害の定義とは?

自賠責保険の保障は、死亡3000万、傷害120万ですが、後遺障害は等級によって異なります。
後遺障害の損害は、逸失利益と慰謝料によります。
逸失利益とは、身体に障害が残り、労働能力が低下したために、将来にわたって発生する収入の減少をいいます。
定義となる計算式は、基礎収入額×労働能力喪失率×労働能力喪失期間に対応するライプニッツ係数です。
基礎収入は、有職者は事故1年間の収入額もしくは年齢別平均年収額のいずれか高い額、それ以外の者は年齢別平均年収額がとられます。
労働能力喪失率は、失われた労働能力の割合のことで、等級ごとに定められています。一番重い介護1級で、支払限度額は4000万円となります。これは労働能力喪失率が100%とされた場合になります。また事故で一番軽いむち打ち症の場合は、労働能力喪失14%で12級224万円、労働能力喪失5%で14級75万程になります。
また労働能力喪失期間は、通常67歳までで計算されます。むち打ち症の場合、12級で10年以下、14級で5年以下に制限されることが多いです。
ライプニッツ係数とは、将来の分まで賠償金額を受け取ることにより発生する法定利息分5%を引いた係数になります。
慰謝料は、交通事故による精神的・肉体的苦痛に対する補償になります。入通院1日につき4200円となり、傷害による場合と同様です。

コメント

コメントを受け付けておりません。