死亡したときの補償とは?

自動車事故で死亡してしまった場合、加入している保険によって賠償金が支払われます。この賠償金にはどのような意味合いがあるのかと言うと、ひとつは亡くなった人を弔うための葬儀費としての意味合いです。それから、亡くなった人とその遺族に対する慰謝料です。そして逸失利益に対する賠償で、これはその人が亡くならなければ、将来、得ていたであろう収入から、本人の生活費をひいた額が支払われます。自動車事故に対する保険としては、加入が義務付けられている自賠責保険と、加入が個人の意思に任せられている任意保険のふたつがあります。自賠責保険の場合、死亡に関しての補償には3000万円と言う限度が設定されています。葬儀費に対しては、60万円が支払われ、立証資料等によりそれ以上の費用がかかることが明らかになった場合には、100万円までで妥当な額が支払われます。慰謝料に対しては、亡くなった人に対しては350万円が、そして遺された人に対しては、その人数や被扶養者の有無によって金額が変わってきます。逸失利益に関しては、収入や就労可能期間、そして被扶養者の有無などによって金額が算出されます。しかし自動車事故の死亡事例に対する賠償額に関しては、億を超える額の支払いを求めている事例も多く出ています。そのためドライバーは、死亡補償に対しては賠償金が無制限である任意保険への加入が求められます。

コメント

コメントを受け付けておりません。