自分や家族が任意保険に入っているならつけておきたい特約

トランペット

自動車保険の任意保険では、メインとなっている契約内容にオプションとしてさまざまな補償を追加し、さらに充実させることが可能となっています。このオプションのことを通常は「特約」と呼んでいますが、そのなかでも万が一のときに備えて契約しておきたいのが、「他車運転危険担保特約」、略して「他車運転特約」と呼ばれているものです。ただし、現在個人向けとして取り扱われている多くの自動車保険では、メインの契約をする際にこの特約の内容が自動的にセットされていますので、改めて契約をする必要がない場合がほとんどです。

 
この契約が有効なのは、たとえば知人の車をちょっとだけ借りて運転している間に事故に遭ってしまった、といったような場合です。このようなケースでは、通常であれば車両の名義が異なっているので自動車保険の適用外になってしまいますが、他車運転特約が認められていれば、自己名義の保険を適用して、事故の被害を補償するための保険金を請求することができ、車を借りた知人に迷惑をかけずに済みます。なお、自動車保険の契約者本人のほかにも、配偶者や同居の家族などについては、本人と同様に、他人の車を運転している最中に起こした事故について、この特約の適用を受けることが可能です。

コメント

コメントを受け付けておりません。