自分の名前で車に掛ける保険のメリット

自動車運転には危険が付きまとうので、必ず運転者は何らかの保険に加入することが義務付けられています。

 

必須で加入すべき保険に自賠責保険があります。これは、自動車運転者であれば、加入していなければ法令違反になります。この保険では、万が一自動車事故を引き起こし、被害者に対して被保険者が損害賠償責任が発生した場合に、この保険からは、最高で3000万円が保険金として支給されることになっています。また、死亡した場合以外でも、被害者が後遺症を負った場合などでも、保険金が障害の程度によって支給されることになっています。しかし、対物事故の場合には、この保険の場合には保険金が支給されないことになっています。

 

また、対人事故で保険金が支給されたとしても、最近であれば、対人事故で被害者が死亡した場合には、最高で1億円以上もの損害賠償請求がなされることもあるので、この保険だけではかなり心もとないです。ですから、任意保険にも可能な限り加入しておく必要があります。任意保険の場合には、自賠責とはことなり、年間で20000~30000円程度の保険料が必要になってきますが、その分、保険金の上限が5億円まで可能だったり、対物事故であったとしても保険金が下りるなどのメリットがあります。ドラム

コメント

コメントを受け付けておりません。