むき出しタイプの特性

エアクリーナーはエンジンのシリンダー内で燃料と一緒に燃やすための酸素を取り入れる装置です。純正品ではボックスにフィルターが入った構造をしています。しかし、エアクリーナーについては車検時のチェックも厳しくないのでさまざまな形状のエアクリーナーが販売されています。特にエアクリーナーの性能がよければエンジン出力も良くなることが多いため各社とも研究を重ねています。あず多くあるエアクリーナーでも特に人気があるのがむき出しやキノコ型です。これらのエアクリーナーは吸気効率がたいへんよく、また、防塵性も高いのが特徴です。特に吸気効率についてはハイパワーエンジン車だけではなく、小型車などでも出力が良くなったことがわかるほどと言われています。吸気能力が向上すると酸素をより多く取り入れられますので燃料との混合がよくなることで出力が上がると言われています。また、付加価値として吸気音がするというものがあります。純正のエアクリーナーはボックス内にフィルタが隠れているので吸気音はしません。しかし、キノコ型などの形状では吸気時に独特の音がします。そのため、走行時に気分が乗ってきたりとドライブが楽しくなると考える方も少なくありません

コメント

コメントを受け付けておりません。