駆動ロスをなくして燃費をよくしよう!

MT車は概ねAT車よりも燃費が良いとされています。この理由はAT車は駆動ロスが多いこと、また、道の種類に応じて人間はギアチェンジをするのに対して、AT車は若干対応が送れることからギアが適切ではないために無駄にガソリンを使っているということです。しかし、ATは年々賢くなっており、人間と同様の値を出せる車も増えています。MT車で値を向上させるにはメリハリの有る運転が重要です。スタート時は比較的高めにスタートし、ギアチェンジは早めに行い、一定速度へ早めにもっていきます。そして急のつく運転は極力さけ、一定速度で走れるように速度を調整していけばよいです。ただし、ハイブリッド車の場合はモーター制御もあるためにAT車が圧倒的に大奥、MT車のハイブリッドは値を上げるためにモーターを使うというよりはエンジンに追加出力を与える装置として機能することが多く、値があまり向上しないと言われています。ターボ車の場合はスタート時や追い越しの時を除き、出来る限り、ターボを使わない走行が良いとされていますが、坂道などではターボを活かしていくほうが良いと言われます。値を改善するには急のつく運転をしない、一定速度で走る。坂道などではメリハリを付けて操作することが大事ですgf1120107985w

コメント

コメントを受け付けておりません。