後遺障害が残った場合の補償

後遺障害とは体の傷害、つまりケガが治った後でも体に残った障害のことを指します。交通事故の場合、それによって受傷した精神的及び肉体的な損害が、将来においても回復の見込めない状況となっていること。そして交通事故とその症状が固定されている状態との間に、確かな関連性や整合性が認められること。更にその存在が医学的に証明されるものであり、労働能力の低下、喪失を伴うもので、その程度が自賠責施行令の等級に基づくものであることと言う具合に定義されています。後遺障害に対する自賠責の補償は、障害の程度に応じて逸失利益及び慰謝料が算出され、賠償金が支払われると言う形で行われます。ただしこの賠償金については、傷害や死亡と同じように限度額が設定されています。まず神経系統の機能や精神、胸腹部臓器への著しい障害で介護や看護を要する状態になった場合に関しては、その程度、介護や看護を要するかによって賠償額が異なってきます。常時介護や常時看護を要する場合は、40004万円が限度額に設定されています。対して随時介護や随時看護が必要と判断され場合は、限度額は3000万円に設定されています。そしてこれに該当しない場合は、後遺障害の程度に基づいた等級によって賠償額は変化します。最も重い程度であると診断された際は、最も高い等級、第1級に該当し、この場合は3000万円が限度額です。対して最も低い等級は第14級に該当し、この場合、限度額は75万円に設定されています。

コメント

コメントを受け付けておりません。