いろんな体験ができる象の鼻パーク

神奈川県横浜市をドライブすると、大さん橋国際客船ターミナルから横に伸びる防波堤までの公園「象の鼻パーク」が見えます。2009年6月2日に横浜が開港して150周年を迎えたことで、オープンしました。横浜を開港する時に2本の波止場が造られました。明治初期には、荷物を降ろすのに波の影響を避けるために、東側の波止場を弓なりに延長したことで、象の鼻に見えることからこの名称が付きました。このパークにある「開港の丘」では、芝生の広がる広場が段々畑のような形状なので、横浜港を一望できます。一列に石が並んでいますが、護岸で使った歴史的な石で座ることができます。象にまつわるメニューを提供する休憩所が「象の鼻テラス」です。看板メニューは「ゾウノハナソフトクリーム」で、ワッフルを2枚象の耳に見立てています。「横濱ドッグ」には横浜の野菜とウィンナー、横浜で誕生した日本初のケチャップである「清水屋ケチャップ」を使用しています。「開港波止場」は開放的な空間でよくイベントが開催されます。昼はモニュメント、夜は証明施設のスクリーンパネルを楽しめます。パネルの側面は港を造った偉人について紹介があり、電気の色は時間ごとに異なります。

コメント

コメントを受け付けておりません。