不織布のルーバータイプの特性

ルーパータイプは、スポンジタイプよりも、空気を吸い込む抵抗や、ごみをろ過する性能に優れています。フィルター材となっている布が、薄いため、空気の流れをあまりそがいしないといったメリットがあります。不織布は繊維を織らずに組み合わせたシート場のものです。繊維を、機械的、科学的な作用によって接着、または絡み合わせることによって布にしたものです。ルーバーはジャバラ織の事を言います。フィルターの表面積が小さくなり、吸気するための圧力に対しての抵抗が増えるといったメリットがあります。またこのフィルターに金属製のメッシュをかぶせ、更に強度を増すこともできます。またこのようなタイプのフィルターは、乾式と呼ばれるもので、ビスカス式と呼ばれる、オイルを含ませて、ろ過性能を上げたものより、乾式の方が、空気の流れがよく、優れているとされています。ビスカス式タイプのフィルターはきれいな空気を供給することが、目的とされています。余分な塵やほこりを取り除いてくれる、エアークリーナーは、エアコンのフィルターに使われてもいます。車内にきれいな空気を供給することで、快適な運転にもつながっています。定期的にメンテナンスすることで、その性能を充分に発揮させることができます。

 

コメント

コメントを受け付けておりません。