自分の名前で人に掛ける保険のメリット

所有者名義が他人であるような車を借りて運転する場合に便利な自動車保険として、「ドライバー保険」とよばれるタイプのものがあります。通常の自動車保険は個々の車両ごとに契約をするため、名義が異なる車に乗った場合には特約がない限りは保険による補償が及ばないのに対して、この保険は運転する人そのものに対して掛ける保険ですので、車の名義が異なるような場合であっても、十分に補償を受けることができるようになっています。逆に、自己名義の車を本人がみずから運転する場合については、この保険は適用外となりますので注意が必要となります。

 
この保険の最大のメリットとして、どのような車に乗ったとしても保険の契約者は運転者自身となりますので、万が一運転中に事故を起こしてしまったような場合であっても、借りた相手に金銭面でのめいわくを掛けることがないということが挙げられます。また、保険会社によって取扱いが異なるため一概にはいえませんが、一部の保険商品には1日から1週間までといったごく短期間の契約を認めているものがありますので、こうしたものをチョイスすれば、1日当たり500円から1,000円ほどのリーズナブルな保険料で運転中の安心を得ることができます。

コメント

コメントを受け付けておりません。