排気洗浄作用の仕組み

エキゾーストマニホールドを含め、マフラーまで車の排気系はエンジンから排出される排気ガスを適正に処理する機関です。特に排気洗浄作用は重要であり、キャタライザーとセットで空気中に大気汚染の原因物質を出さない工夫がされています。大気汚染については高度成長期に車の台数が増え、光化学スモッグや喘息が増えるなど社会問題となりました。そこで取られたのが排ガス規制です。空気中に大気汚染の原因物質を出す量を定め、基準を超えないクルマの開発をメーカーに依頼しました。ただし、日本よりもアメリカの基準が厳しかったこともあり、日本の各メーカーはアメリカの厳しい基準を守るために日夜努力を続けてきています。現在ではガソリンエンジンに加えて排ガス処理が大変なディーゼルエンジンについても厳しい基準が設けられています。そのため、日本では大気汚染がほぼなくなっていると言われるほどです。排ガス規制をするとエンジン出力が下がると言われてきましたが、車の各メーカーはそれでもエンジン出力の性能向上を果たしています。メーカーの更なるエンジン開発を促す意味でも、取得税について3年間、排出ガスのランクによって値下げをすることを初めて効果も出ています

コメント

コメントを受け付けておりません。