バッテリー問題!押しがけと引きがけ

出先でバッテリーがあがってしまってエンジンがかからなくなってしまったというトラブルは珍しいものではありませんが、そのような時であってもMT車であればエンジンを始動させることができます。

エンジンを始動させる方法には二つあり、ひとつは押しがけと呼ばれる方法です。
これはまずイグニッションキーをオンの位置にして、ギアを一速か二速に入れその状態で後ろから人が車を押します。
ある程度速度が乗ってきたら、クラッチをつなげるとエンジンを始動させることができるのです。
エンジンが始動した後はクラッチを切って、エンストをしないようにしましょう。

そして、もうひとつの方法というのは人力で車を押すのではなく他の車に牽引をしてもらって、エンジンを始動させる引きがけと呼ばれる方法です。
この方法も手順としては押しがけと一緒ですが、人の力を使わない分だけ楽にエンジンを始動させることが出来ます。

注意が必要な点としてはエンジンが停止している状態というのは、ブレーキのアシストであったりパワステがきかなかったりするので、安全が確保された場所で周囲の上体によく注意をして決して事故を起こさないようにしながら、これらの方法を試すようにしましょう。

コメント

コメントを受け付けておりません。