エアクリーナーのフィルター材(濾過材)による比較検証

自動車のエンジンに配置されているエアクリーナーは、エンジンが調子良く動くためには欠かせないものです。エンジンは内部で燃焼を行なうために空気を必要としますが、外気を直接吸い込むとゴミやホコリなどがエンジンに内部に入ってしまうため、故障の原因となります。エンジンの手前でゴミやホコリが入らないように異物を取り除き、キレイな空気を送り込むことでエンジンがスムーズに働き保護します。
エンジンに吸い込む空気やゴミなどをフィルターによってろ過し、汚れてくるため定期的に取り替える必要があります。フィルターには材質や表面の状態によりいくつか種類があります。材質は、紙のタイプとスポンジタイプがあります。紙のタイプは波型に折りたたんで多くのゴミを取り除けます。表面の状態では、乾式と湿式、サイクロン式などがあります。
乾式は基本的なタイプで、ろ紙を折りたたみ枠にはめ込みます。湿式はフィルターに専用の薬品やオイルなどを染み込ませたタイプで、粉塵などの吸着力が強いため、面積を小さくすることができスポーツカーのようにろ過面積を少なくしたい場合に適しています。サイクロン式は、掃除機のように空気とホコリを分ける方式で長持ちする特徴があります。

コメント

コメントを受け付けておりません。