MT車を持つ人が減っている?実際のところはどうなの?

運転免許を取りに、教習所に行きますがその時にMT車かAT車の選択をします。
しかし、現在の日本では生産されている車が、AT車がほとんどでそれ以外は減少しています。
そうなると、運転をする人も少なくなることは当然の摂理です。
確かに、昔は運転をするのが好きだから免許を取る人はいました。
運転が好きでも、それを選択する車が探してもない場合が多くなるとやはりAT車に乗ることになります。
今現在も、乗っている人はかなり以前の自動車を大切に手入れをして乗っている人だけです。
そして、その便利で運転が楽なことを覚えるともう乗ることがなくなるのが現実です。
最近は、自動車はより進化しています。
運転者が、運転をしなくても自動運転ができるような車も開発されています。
より安全に、快適に移動ができるように車メーカーは日々進化を続けています。
また、環境に影響を与えない水素で走行する自動車もまもなく販売がされます。
この先に、未来にはもう自動運転が当たり前という日が遠くないような勢いがあります。
そうなると、なおさら自動車の運転は現在よりもっと簡単になります。
そして、安全になり事故などがなくなる日も来るはずです。誰でも簡単に出来るようになっていきます。

最先端の車技術、ここがすごい

昨今の日本では、一般の人が乗る車といえば、オートマチック車が圧倒的に多いです。
なんでも、日本でのマニュアル車の比率というのは、100台の車のうち3台ぐらいしかないとのことです。
しかし、そんなマニュアル車のいいところにスポットを当ててみます。
まずは、MT車を運転する場合、体にいい姿勢をとらざるを得なくなるのです。
AT車ですと、リクライニングを精一杯倒したり、あるいは、ハンドルにしがみつく姿勢での運転をしている事例が多く見られます。
もし、MT車でそのような姿勢で運転をしようとすると、かなりの不自然が生じてきます。
そもそも、リクライニングを倒して運転しようとしても、シフトノブまで手が届かないのですから、物理的に無理があります。
また、AT車とMT車との最も大きな違いは、機械が勝手に変速するか、ドライバーが自分で変速させるか、その違いにあります。
おそらく、AT車を運転している人は、自分の車が何速に入っているかは、ほとんど意識していないでしょう。
いたとしても、ごくわずかです。
MT車は、自分で操作しなければなりませんので、言い方を変えますと、自分の意図どおりの運転ができるのです。
AT車は、その意図が通用しないシステムなのです。
こういった事実を前提にして、AT車を運転するのは、ある意味、相応の技術が求められます。

マニュアル車(MT)のメリット

最近ではあまり見かけることのなくなったマニュアル車(MT)ですが、これには様々なメリットがあります。
まず、構造が単純ということでコストが安く価格が安く抑えることができるという点にあります。
ただし、最近ではあまり数が出ないため、オートマティック車と比較してそれほど安さの利点がなかったり、逆に高くついてしまったりすることもありますが、それでもトランスミッションなどが故障した時には費用を抑えやすいという利点があります。
次にロスの少ない伝脱方式なので、エンジンのパワーを有効活用することができるためオートマティック車などと比較しても燃費が良いという利点があります。

任意のギアに入れることができるのも、状況に応じて車を自由自在に操ることができるため、場合によってはオートマティック車よりも走破性が高く運転しやすいのも、利点のひとつになっています。
一方でこれらの操作を全て運転手自身が行わなければならないので、熟練度によって車を上手く動かすことができるかどうかというのが変わってくるのがマニュアル車のデメリットでもあります。
しかし、それ以外の面に関してはまだまだ利点の多いものとなっているので、一定の需要のあるものとなっています。

ギアとセルモーターの関係性とは

セルモーターとは、自動車のエンジンをかけるときに使うモーターで、スターターモーターなどとも呼ばれています。車のキーを回すと、キュルキュルという音が聞こえますが、これが、このモーターが作動しているときの音です。
このモーターとエンジンは、ギアで繋がっており、エンジンキーを走行位置に戻すと、この繋がりは外れる仕組みになっています。一度エンジンが始動すれば、あとはその爆発力でかかり続けるので、いつまでも繋げたままにしてはいけません。マニュアル車の場合、これを繋げたままでエンジンのキーを回し続けると、ガクンガクンとなることがありますが、これは、バッテリーへの負担もかかり、設定以上の重さを動かそうとするので過電流などでセルモーター自体が壊れてしまうこともあります。危険な線路上で急に車が立ち往生したなど、非常事態で動かすということには使えますが、それ以外にはやらないようにしましょう。
モーターを作動させるためには、バッテリーからの電力供給が必要不可欠です。もし、セルモーターが故障してしまったと思っても、実際にはバッテリーが弱ってしまっているだけという事も多いですので、気になった場合は、バッテリーの方もチェックする必要があります。

バッテリー問題!押しがけと引きがけ

出先でバッテリーがあがってしまってエンジンがかからなくなってしまったというトラブルは珍しいものではありませんが、そのような時であってもMT車であればエンジンを始動させることができます。

エンジンを始動させる方法には二つあり、ひとつは押しがけと呼ばれる方法です。
これはまずイグニッションキーをオンの位置にして、ギアを一速か二速に入れその状態で後ろから人が車を押します。
ある程度速度が乗ってきたら、クラッチをつなげるとエンジンを始動させることができるのです。
エンジンが始動した後はクラッチを切って、エンストをしないようにしましょう。

そして、もうひとつの方法というのは人力で車を押すのではなく他の車に牽引をしてもらって、エンジンを始動させる引きがけと呼ばれる方法です。
この方法も手順としては押しがけと一緒ですが、人の力を使わない分だけ楽にエンジンを始動させることが出来ます。

注意が必要な点としてはエンジンが停止している状態というのは、ブレーキのアシストであったりパワステがきかなかったりするので、安全が確保された場所で周囲の上体によく注意をして決して事故を起こさないようにしながら、これらの方法を試すようにしましょう。

修理費をおさえられる自動車の構造ってなに?

000829車というのは非常に高価なものですから、一度故障をしてしまうと修理費もかなりの高額になってしまいます。
早々頻繁に壊れるものではありませんが、機械は使っていればいつかは壊れてしまうため修理にかかる費用というのを無視することができません。
そのため、車を購入する時には修理にかかる費用が安い車を選ぶことで、将来かかる費用を抑えることができます。

そこで、修理にあまりお金がかからない構造の車というのはどのようなものがあるかというとMT車がそれにあたります。
MT車に搭載されているマニュアルトランスミッションというのは構造が単純であり、壊れても比較的簡単に修理をすることができます。
またそれだけでなくシンプルな作りになっていることから、故障がしにくいので修理をする必要が無いので修理にかかる費用も抑えることができるという利点があるのです。
それ以外にもMT車というのはAT車などで行われている緻密な電子制御が必要となくなるので、その分だけコストを抑えることができ更に故障の可能性も下がることから修理にかかる費用を抑えることができるものとなっているのです。
そのため、修理にかかるコストも考えて車を選ぶ場合MT車は有利ということになります。

エンジンの故障はこれで解決!

エンジンの故障は大きく分けて2つの原因があるようです。1つはメンテナンスが悪いこと、もう1つは無理な運転です。メンテナンスについては一般的にオイルとラジエターの管理となります。オイル交換は車の説明書に適正な交換時期や距離が欠かれていますが、走行距離にもよりますが多くの方が年1回、もしくは、季節ごとに交換する方が多いようです。また、車種によってはオイル交換のタイミングを教えてくれる車もあります。オイルは適正な粘度が大事になりますが、車種ごとに違います。最近の車は性能が上がってきたことで、粘度がどんどん下がる傾向にあり、また、交換距離も長くなる傾向があります。ただし、乗らないからといって交換をしないのもあまりよくありません。オイルは日々劣化します。のらなくてもどんどん粘度は下がり、本来の性能が発揮されないので注意が必要です。2つめの無理な運転についてはオートマチック車の場合は多くありませんが、マニュアル車の場合は高回転域での利用が多い場合はオイルの劣化が早くなります。また、オイルが劣化している車で高速道路など回転が高くなる傾向がある場所での走行は焼け付きなどで故障の原因となりますのでオイル交換はとても大事ですgf1120107989w

駆動ロスをなくして燃費をよくしよう!

MT車は概ねAT車よりも燃費が良いとされています。この理由はAT車は駆動ロスが多いこと、また、道の種類に応じて人間はギアチェンジをするのに対して、AT車は若干対応が送れることからギアが適切ではないために無駄にガソリンを使っているということです。しかし、ATは年々賢くなっており、人間と同様の値を出せる車も増えています。MT車で値を向上させるにはメリハリの有る運転が重要です。スタート時は比較的高めにスタートし、ギアチェンジは早めに行い、一定速度へ早めにもっていきます。そして急のつく運転は極力さけ、一定速度で走れるように速度を調整していけばよいです。ただし、ハイブリッド車の場合はモーター制御もあるためにAT車が圧倒的に大奥、MT車のハイブリッドは値を上げるためにモーターを使うというよりはエンジンに追加出力を与える装置として機能することが多く、値があまり向上しないと言われています。ターボ車の場合はスタート時や追い越しの時を除き、出来る限り、ターボを使わない走行が良いとされていますが、坂道などではターボを活かしていくほうが良いと言われます。値を改善するには急のつく運転をしない、一定速度で走る。坂道などではメリハリを付けて操作することが大事ですgf1120107985w

マニュアル車(MT)でうまく乗りこなすコツ

一昔前はAT車の方が珍しかったのに、今ではそれが逆転していてとても驚かされます。それでも格好良く車を乗りこなしたいと思うのであれば、やはり今でもマニュアル車の方が運転を楽しめると感じている人は多いです。もうマニュアル車は古いのだろうかと思う人もいるかもしれませんが、まだまだこれらの車ならではの魅力はあります。MT車だからこその魅力やメリットもあるのです。例えば、AT車でありがちなブレーキとアクセルの踏み間違えというのはまずありません。おもちゃのように子供が操縦できるということもありませんので、安全面も高いのが良いところです。慣れるまでは大変ですが、総じて皆がAT車より運転そのものが楽しいという意見が多いです。自分でしっかりと車を走らせていく喜びというのは格別なものです。クラッチを踏んでギアを動かしていくあの楽しさは、AT車にはないものです。感覚的な一面もありますが、練習していってクラッチの扱いさえ上手くできるようになれば、後はそれほど運転そのものを続けていく時に難しいと感じるようなことはありません。好きなように道路を走ってドライブを楽しんだり、日々の生活の足として活躍させていって下さい。4967935

マニュアル車ユーザー必見!ギアのポイント

一般乗用車の業界から消えてしまったのではないかと思ってしまう程、超少数派となってしまったマニュアル車。
しかし、その魅力はとても大きいのです。
ヒール&トゥと呼ばれる独自のペダルワークでギヤチェンジをして、エンジン回転を高回転で維持してその車の最大パフォーマンスを引き出すスポーツ走行の楽しさは言葉では言い表せません。
人馬一体ならぬ、人車一体となる訳です。
ただ、この人車一体となる為に必要不可欠なヒール&トゥというテクニックはなかなか難しく、しかも失敗すると大事故を起こしてしまう危険をはらんでいます。
ギアチェンジをする際に、ただクラッチを切ってシフトアップもしくはシフトダウンをすると、エンジンの回転と駆動系統の回転とが大きく食い違ってしまい、変速ショックを起こしてしまいます。場合によっては駆動輪がホイールスピンを起こしたり、ロックしてしまったりするので、安全な場所で十分に練習する事が必要です。
シフトダウンをする際に、クラッチを切った直後に右足のつま先でブレーキを踏みながら、カカトでアクセルをあおってエンジン回転を適度に上げてからクラッチを繋ぐ事によってスムーズなギヤチェンジを行い、エンジンを高回転で維持し、最大パフォーマンスでコーナーから立ち上がる!
1に練習、2に練習。人車一体の感覚を味わったらもうやみつきです。3243618_1