車両保険も使える

友人からすこしの期間だけ借りていた車や、お金で借りたレンタカーを運転している途中で不幸にして事故にあってしまったような場合でも、一般的にはその借りた車の名義で契約している自動車保険を適用させることが可能となっています。

 

ハープ
もちろん、普段乗っている自己名義の車に掛けている自動車保険のほうに「他車運転危険担保特約」という特約があらかじめ付けられていた場合には、借りた車のほうの自動車保険ではなく、自己名義の車の自動車保険を適用させることも可能です。

 
ただし、この場合にはケガや死亡といった人身にかかわる被害についての補償は付いているものの、事故の衝撃で借りた車のボディが壊れてしまったといったような、物の被害に対する補償は付いていないことがほとんどですので、この物に対する補償の部分はすべて自己負担となってしまいます。

 
もし借りた車の自動車保険のほうで車両保険まで契約していれば、車の修理費などもその自動車保険のほうから保険金として支払ってもらうことができるというメリットがあります。

 
ただし、いずれにしても保険を使った場合には、翌年からペナルティとして保険料が値上がりしてしまうということには留意する必要があります。

自分や家族が任意保険に入っているならつけておきたい特約

トランペット

自動車保険の任意保険では、メインとなっている契約内容にオプションとしてさまざまな補償を追加し、さらに充実させることが可能となっています。このオプションのことを通常は「特約」と呼んでいますが、そのなかでも万が一のときに備えて契約しておきたいのが、「他車運転危険担保特約」、略して「他車運転特約」と呼ばれているものです。ただし、現在個人向けとして取り扱われている多くの自動車保険では、メインの契約をする際にこの特約の内容が自動的にセットされていますので、改めて契約をする必要がない場合がほとんどです。

 
この契約が有効なのは、たとえば知人の車をちょっとだけ借りて運転している間に事故に遭ってしまった、といったような場合です。このようなケースでは、通常であれば車両の名義が異なっているので自動車保険の適用外になってしまいますが、他車運転特約が認められていれば、自己名義の保険を適用して、事故の被害を補償するための保険金を請求することができ、車を借りた知人に迷惑をかけずに済みます。なお、自動車保険の契約者本人のほかにも、配偶者や同居の家族などについては、本人と同様に、他人の車を運転している最中に起こした事故について、この特約の適用を受けることが可能です。

ドライバー保険は短期契約できるのか

自動車保険のなかでも、車検証に所有者として記載されていないような友達の自動車を借りて臨時に運転する場合や、友達と交代で運転する場合などについては、通常契約している自己名義の自動車保険が使えないといったケースもあります。このようなケースでは、「ドライバー保険」と呼ばれる自動車保険を契約すれば、事故が起こった際にも十分な補償を受けることができます。

 
このタイプの保険は、取り扱っている損害保険会社によって内容にかなりの違いがありますので、あらかじめよく確認しておく必要はありますが、一部の損害保険会社が取り扱っているものについては、例えば1日だけ、あるいは1週間だけ契約するといった、短期契約を行うことも可能となっています。その他、通常の自動車保険と同様の1年契約というスタイルをとっている会社もあります。

 

ドラム02
このような短期契約の場合については、1日につき1,000円程度のたいへんリーズナブルな保険料で、対人賠償責任保険や対物賠償責任保険、搭乗者傷害保険といった、事故が起きたときに必要となる、ひととおりの補償内容を組み合わせた保険を利用することができます。オプションとしての取扱いになりますが、車両が損害を受けたときのための車両保険についても、追加の保険料を払えば利用することもできます。

自分の名前で人に掛ける保険のメリット

所有者名義が他人であるような車を借りて運転する場合に便利な自動車保険として、「ドライバー保険」とよばれるタイプのものがあります。通常の自動車保険は個々の車両ごとに契約をするため、名義が異なる車に乗った場合には特約がない限りは保険による補償が及ばないのに対して、この保険は運転する人そのものに対して掛ける保険ですので、車の名義が異なるような場合であっても、十分に補償を受けることができるようになっています。逆に、自己名義の車を本人がみずから運転する場合については、この保険は適用外となりますので注意が必要となります。

 
この保険の最大のメリットとして、どのような車に乗ったとしても保険の契約者は運転者自身となりますので、万が一運転中に事故を起こしてしまったような場合であっても、借りた相手に金銭面でのめいわくを掛けることがないということが挙げられます。また、保険会社によって取扱いが異なるため一概にはいえませんが、一部の保険商品には1日から1週間までといったごく短期間の契約を認めているものがありますので、こうしたものをチョイスすれば、1日当たり500円から1,000円ほどのリーズナブルな保険料で運転中の安心を得ることができます。

自分の名前で車に掛ける保険のメリット

自動車運転には危険が付きまとうので、必ず運転者は何らかの保険に加入することが義務付けられています。

 

必須で加入すべき保険に自賠責保険があります。これは、自動車運転者であれば、加入していなければ法令違反になります。この保険では、万が一自動車事故を引き起こし、被害者に対して被保険者が損害賠償責任が発生した場合に、この保険からは、最高で3000万円が保険金として支給されることになっています。また、死亡した場合以外でも、被害者が後遺症を負った場合などでも、保険金が障害の程度によって支給されることになっています。しかし、対物事故の場合には、この保険の場合には保険金が支給されないことになっています。

 

また、対人事故で保険金が支給されたとしても、最近であれば、対人事故で被害者が死亡した場合には、最高で1億円以上もの損害賠償請求がなされることもあるので、この保険だけではかなり心もとないです。ですから、任意保険にも可能な限り加入しておく必要があります。任意保険の場合には、自賠責とはことなり、年間で20000~30000円程度の保険料が必要になってきますが、その分、保険金の上限が5億円まで可能だったり、対物事故であったとしても保険金が下りるなどのメリットがあります。ドラム

借りた車と自動車保険の掛け方

サックス02車を運転する機会がある人は必ず保険に入っていることが重要です。

 
自分の車ではなく友人や知人の車を運転するときは借りた車がどの保険に入っているか事前に調べる必要があります。
一般的に家族や本人だけが使うものとして保険をかけている場合は保険料が安くなるとされています。そのため家族以外の人が運転しても保険が適用されるのかということを調べる必要があります。

 
万が一借りた車で事故が起きてしまった場合、借りた人に迷惑をかけてしまいます。

 
どのような自動車保険に入っているかということは重要なポイントとなります。
自分だけではなく他の人にも自動車を貸すことが多いような人では誰が運転しても適用されるような保険に入る必要があります。
その場合は保険料が高くなることがありますが誰が運転しても保証が効くようになっています。

 
また借りた車で事故を起こしてしまった場合は自分が入っている保険が使えるかを確認する必要があります。
また貸した車で事故をおこされた場合、貸した側にも損害賠償を請求されることもあります。
したがって貸し借りをするときに万が一のときのために備えて話をしておくことが必要です。
一番は事故を起こさないようにすること。安全運転で事故を避けることができます。

保険を使った場合の翌年以降、保険料がアップ

サックス01

 

自己名義になっている車を運転していた場合も同様ですが、友人などから一時的に借りていた車を運転していたときに事故に遭ってしまった場合については、その借りた車が契約している自動車保険を利用して、事故の損害賠償のために必要となる保険金を請求することが可能なしくみとなっています。ただし、その車の保険に家族・配偶者・本人限定特約などの特約が付いておらず、かつ、運転者年齢限定特約で制限されている条件に該当していないことが必要です。

 
このようなケースでは、特別な手続きもなく自動車保険の保険金を請求することができて便利ですが、そのかわりに翌年からの保険料が大幅にアップしてしまうというデメリットがあることに注意しておくことが大事となります。

 
運転者のこれまでの保険加入歴や事故歴などに対応した等級制度のことを「ノンフリート等級」と呼んでいますが、原則として事故を起こして保険金を請求した場合には、この等級が3ランクほどダウンしてしまいます。特に、2013年4月からは、従来よりも事故を起こした契約者により厳しくなった新しいノンフリート等級制度が全国的に適用されていることもあって、その負担はかなり大きなものとなります。

特別な手続きが必要ない

 

レンタカーなど借りた車の場合、保険はレンタカー業者がかけていることが多く、レンタカー代の他に保険代を取られることが多いようです。

 

保険は事故が起きた時に利用できますが、手続きはほぼなく、サイン程度で終了となります。レンタカーは簡単に利用できることがメリットの一つですが、事故等でも殆どの場合面倒もなく淡々と処理が進むようです。しかし、気をつけておきたいのは満額保証されないことです。一般的にレンタカーの保険は保険の対象額が限定されており、軽めの修理の際は一時的に支払いを要求されることが多く、また、事故以外には効かず、盗難や車上荒らしなどの被害は一部弁償することが求められるようです。レンタカーを利用する際には保険がどの程度まで効くのか確認しておくとよいです。

 

また、自家用車を借りた場合にぶつけてしまった場合は、自分のかけている自動車用任意保険で適用されることがあります。これは、普段乗っていない車を運転する際に事故を起こした際に保証してくれるオプションに入っていることが必要ですが、一般的には任意保険を利用している場合はオプションが自動で付く場合が多いようです。また、保険をかけている車で他人が運転した際の事故についても適用される保険特約もあるので必要に応じてかけておくことが重要です