自動車保険の手続き:知人に借りた車を短期契約したい

短期間だけ知人に借りた車を運転する場合や、民間の会社から借りたレンタカーを運転する場合などについては、日常的に運転している自己所有の車の保険証券にはその車のナンバーが記載されていないため、運転中に事故があったとしても、なんら補償が受けられないということになってしまいます。そこで、このような事態を防ぐために、自動車保険の制度のなかにはいくつか対応できるメニューが用意されています。

 
ひとつは、日常運転している車の保険に、「他車運転危険補償」という特約を付けておくことです。このようにすれば、名義が異なる車を運転していた場合であっても、自己所有の車と同じような補償を受けることができます。

 
もうひとつは、「ドライバー保険」とよばれる特殊な保険を短期契約することです。このタイプの保険は、申し込みを受け付けている保険会社によって内容が異なっていますが、一部の保険会社のものは、1日だけ契約を結ぶということも可能です。このような短期契約であれば、必要な日数分だけ保険料を納付すればよいことになりますので、年間契約の通常の保険と違って費用の節約になりますし、事故の相手方の人や物の被害、搭乗者の被害のすべてが幅広く補償の対象となるため安心です。